車中泊をしながら旅するプランの立て方を考える。

車中泊旅

みなさんは車中泊旅のプランはどうやって決めてますか?
「連休があるしどこか車中泊旅でお出かけしたいな」と思い立ったとき、どのようなプランをたてますか?
車中泊しながらの旅を趣味としている私が日頃から意識している、また気を付けている旅する場所・旅の工程・車中泊地の決め方をご紹介させていただきます。

大まかなプランを立てましょう

訪れたい観光地と車中泊地の候補地を、ある程度書き出します
それから旅する日程を確定して、旅にかかる費用をざっくり計算します。(車中泊旅なのでホテル代を除いた食事代、観光地でのお土産代、ガソリン・高速代など)
予算的に問題がなければいよいよ工程を組んでいきます。

観光したい候補地の書き出し。

仮に四国旅行とします。
行きたい観光地を書き出します
例えば

  1. 道後温泉
  2. ひろめ市場
  3. こんぴらさん
  4. 仁淀川
  5. 桂浜 
    など優先順位を決めて書き出します。        

旅する日程を決定する

金曜日から日曜日まで三連休あるとします。
せっかくの三連休なので今回は思い切って目いっぱいの三日間を楽しむことにしましょう。

帰宅時間の設定

旅行は意外と疲れます。よほど旅慣れしていないと明日から仕事、なんかしんどいな。と家に帰ってきて思う方も多いと思います。私の場合は帰ってる道中で思っています。
翌日に備えて日曜日のあまり遅くならない時間に到着することをおすすめします。
旅慣れた方で月曜日の明け方に帰宅してそのまま仕事ができる猛者の方を知っていますが私にはまだできません。

旅費と予算の確認

観光地までの高速代をNaviを利用して計算します。同時に大まかな距離も把握できるので使用する車の燃費からガソリン代も計算
合計金額が旅行に必要な交通費になります。
高速代+ガソリン代=交通費
旅行にかかる交通費をある程度理解しておくと旅の予算が組みやすくなります。
あとは3日間の食事代や観光地でのお土産代など。ここで見落としがちな移動時の飲み物代、飴やガムなどのドライブのお供の存在もお忘れなく。

観光地と車中泊地の決定

ここが最も重要なポイント
①まず決めるのは初日ではなく最終日の観光地・車中泊地です。

 最終日の観光地を決定する際に意識するのは自宅まで帰りの所要時間観光地の滞在時間と帰りにかかる時間のバランスを考慮して最終観光地を決定します。 仮に道後温泉から大阪まで帰るとなると4~5時間必要。
帰宅希望時間-移動時間=観光地の出発時間

②次に初日の観光地・車中泊地を決定します。

休日前夜に出発して無理なく行ける場所を車中泊地に設定、そこから一番近い希望の観光地を設定します。
就寝希望時間-家を出る時間=移動できる時間・距離

最終日の工程と初日の工程が決まると二日目の工程がある程度絞られてきます。
では二日目の工程を考えましょう。

1日の移動できる最大距離、もしくは移動時間を設定します。私の場合は北海道のように広大な所でなければ1日の移動時間を1〜2時間ほどに設定します。移動にあまり時間をかけると観光地で忙しなくなってしまいます。
前入り車中泊からのスタートなので1日の始まり昨夜お世話になった車中泊地の出発からです。車中泊地を観光地により近い場所に設定しておくことで早朝からの観光が可能です。まさに車中泊の強みですよね。

二日目の観光地を初日の観光地から1〜2時間ほどの距離に設定することで、晩御飯や温泉の時間を組み込み易くなります
多少の渋滞などがあった場合でも予定を変更しないで済む場合もあります。
やはり時間には余裕を持ったほうがスムーズに進みますね

まとめ

旅行を楽しむコツは時間に余裕を持つことだと考えております。
旅の終わりから工程を組むことと前入りで現地近くに到着していることで時間が読み易くなり一日の工程を組みやすくなります。
いくら綿密に予定を組んでも、交通状況などで状況は変わります。
予定を詰め込みすぎるとギリギリで行動しなくてはいけなくなったり、イライラすることもでてきます。そうなっては楽しい旅行も台無しになってしまいますので、できるだけゆっくり観光ができる工程を組みましょう。
回れなかった観光地は次回の楽しみにすることができます。
車中泊をうまく使えば旅行の選択肢が確実と増えます。
私もまだ車中泊旅をはじめて長くはありませんが、車中泊のメリットはしっかり感じています
今回は私の考える車中泊旅でのプランの立て方を共有させて頂きました。
少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました